このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

公共入札・契約手続の実務 しくみの基本から談合防止策まで

定価: 3,024円(2,800円+税)
著者名:鈴木満 著 出版社:学陽書房

買い物かごへ 取り寄せ商品

ISBN 978-4-313-12107-2
発行日 2013年10月25日
判型 A5
頁数 233

主な内容

国や自治体が工事の発注や物品調達を行う際の入札・契約制度を解説した本です。
国や自治体の契約とその前提となる入札制度とはそもそも、なぜ必要でどういった方法があるのかといった基本を解説します。その上で運用方法と問題点(落札率が高い。品質の確保の維持方法。安値入札の問題。業者の保護・育成)を指摘した上で、その克服方法を提示するほか、談合や職員の不祥事(情報を漏らすことや接待を受けることなど)の防止策など入札・契約にまつわる問題をくまなく説明します。

関連商品

取り寄せ商品
公取委実務から考える 独占禁止法
定価4,320円(4,000円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ