このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

季刊 不動産研究 第59巻 第3号  

定価: 1,080円(1,000円+税)
著者名:日本不動産研究所 出版社:日本不動産研究所

買い物かごへ 発送可

ISBN
発行日 2017年07月11日
判型 A4
頁数 98

主な内容

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

季刊 不動産研究を定期購読されるお客様はこちらにて受け付けております。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【 この書籍は過去5年分のバックナンバーが出版社から取寄可能です 】


目 次


不動産研究 第59巻第3号
2017年7月

[特集]持続可能な都市・居住機能を誘導する立地適正化計画と不動産

コンパクトシティの本格的推進 -立地適正化計画制度の活用【
国土交通省 都市局 都市計画課】 …………3

立地適正化計画の実態と都市機能誘導のあり方
【首都大学東京 都市環境科学研究科 都市システム科学域 教授 饗庭 伸】…………12

土地を切り捨てないコンパクト化のあり方
【東京工業大学 環境・社会理工学院 教授 中井 検裕】…………23

立地適正化計画の推進にあたっての課題

 -策定に従事する現場の声から垣間見える地方都市の悩みと実情【
株式会社URリンケージまちづくり計画総括役(兼)都市整備本部計画部長 三田村 喜己男】…………33

[調査]

最近の地価動向について
 -「市街地価格指数」の調査結果(平成29年3月末現在)をふまえて


【平井 昌子】…………43

東京・大阪・名古屋のオフィス賃料予測
(2017~2020年、2025年)・2017春について 【金 東煥・手島 健治】…………51

最近の不動産投資市場の動向
 -第36回不動産投資家調査結果(2017年4月1日現在)をふまえて


【愼 明宏】…………62

[論考]

バブル期の住宅地地価動向についての考察
 -日本の土地バブルを全国の都市住宅地からみて- 【中島 正人】…………73

中国の不動産流通業の実態に関する研究
 -不動産流通関連データから特徴をつかむ【
曹 雲珍・楊 現領・周藤 利一】…………87

[海外論壇]


The Appraisal Journal Winter 2017 【外国鑑定理論実務研究会】…………98


[資料]

関連商品

発送可
季刊 不動産研究 第59巻 第4号
定価1,080円(1,000円+税)

買い物かごへ

発送可

発送可
2017 数字でみる港湾
定価1,000円(926円+税)

買い物かごへ

発送可

発送可
海事レポート 2017
定価2,376円(2,200円+税)

買い物かごへ

発送可

このページの先頭へ