このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

日本農業の動き196 農業の成長産業化を問う

定価: 1,296円(1,200円+税)
著者名:農政ジャーナリストの会 編集 出版社:農林統計協会

買い物かごへ 取り寄せ商品

ISBN 978-4-541-04164-7
発行日 2017年09月20日
判型 B6
頁数 138

主な内容

現状をみると、とても「成長産業化している」とは言えない日本農業。しかし、生きるために必要な農産物を生産する農業は必需産業。自然との闘いという制約の中で、日本農業の成長産業化を探る。国際化に強い農業を視野に入れ、農業に何を求め、いかなる改革をすべきかを4人の研究会講師が提言。この課題に、大江氏は「TPPと農業の視点」。小泉氏は「自民党農林部会長の視点」。河野氏は農林中央金庫が「金融面からいかに農業に向き合ってきたか」の視点から論じます。

関連商品

取り寄せ商品
農業のマーケティング教科書 食と農のおいしいつなぎかた
定価1,728円(1,600円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
消費者も育つ農場 CSAなないろ畑の取り組みから
定価1,944円(1,800円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
フードシステムの革新とバリューチェーン
定価3,780円(3,500円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
平成28年度 強い農業づくりの支援
定価7,300円(6,760円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ