このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

農業のマーケティング教科書 食と農のおいしいつなぎかた

定価: 1,728円(1,600円+税)
著者名:岩崎邦彦 出版社:日本経済新聞出版社

買い物かごへ 取り寄せ商品

ISBN 978-4-532-32183-3
発行日 2017年11月02日
判型 四六
頁数 213

主な内容

○農業にマーケティングの必要性が叫ばれて久しい。
しかし、関連書の大半は、既存のマーケティング理論を
農業に当てはめたものや成功した農業者の事例を紹介したもので、
定番書は少ない。

○著者の岩崎氏は中小企業のマーケティング・経営戦略論で有名だが、
東京農大で農業経済学の博士号をとった農業経営の専門家でもある。
本書は静岡県立大学岩崎研究室による全国規模の消費者調査、生産者調査の
データベースと、著者自身が携わってきた農の地域ブランド開発や
六次産業化の事例を盛り込んだ、農業マーケティングのテキストである。

○消費者は何を求めて「食」を購入するのか、そもそも「品質」とは何か、
「おいしさ」を消費者にどう伝えるか。いかにして「強い食のブランド」をつくるかなど、
生産者や食ビジネス関係者に関心の高い論点を盛り込んでいる。

○著者は農業高校の学習指導要領等のマーケティング科目の拡充に
専門家としてアドバイスをする一方、
全国の農業者のマーケティングや地域ブランド開発の支援を長年行っている。

関連商品

取り寄せ商品
消費者も育つ農場 CSAなないろ畑の取り組みから
定価1,944円(1,800円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
フードシステムの革新とバリューチェーン
定価3,780円(3,500円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
日本農業の動き196 農業の成長産業化を問う
定価1,296円(1,200円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
平成28年度 強い農業づくりの支援
定価7,300円(6,760円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ