このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

第3版 家庭裁判所における遺産分割・遺留分の実務

定価: 4,752円(4,400円+税)
著者名:片岡武・管野眞一 出版社:日本加除出版

買い物かごへ 取り寄せ商品

ISBN 978-4-8178-4419-4
発行日 2017年11月28日
判型 A5
頁数 595

主な内容

待望の最新版!

預貯金債権と遺産分割大法廷決定
(2016.12.19)後の実務を詳解した必携版

第3版では
●大法廷決定(婚外子の相続分、預貯金債権と遺産分割)による実
務運用を紹介。
⇒1、遺産分割の対象となる財産の当否を、財産別に類型化し、詳述。
(第5章)
 2、仮分割の仮処分及び遺産管理人の項を新設。(第6章)
●近年問題となっている論点(相続分の譲渡、遺言の解釈、遺留分
の時効等)をさらに深く丁寧に掘り下げる。

関連商品

取り寄せ商品
解雇事由別 裁判例の要点からつかむ解雇事件の訴訟実務
定価3,888円(3,600円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
Q&A 弁護士のための面会交流ハンドブック
定価3,456円(3,200円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
企業法務のための民事訴訟の実務解説
定価4,104円(3,800円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ