このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

2017.10 第169号 都市政策

定価: 650円(602円+税)
著者名:神戸都市問題研究所 出版社:みるめ書房

買い物かごへ 取り寄せ商品

ISBN 978-4-901324-49-6
発行日 2017年09月20日
判型 B5
頁数 79

主な内容

特????集
「熊本地震発災後の初動期・応急期における
神戸市の支援活動」にあたって

平成28年4月14日21時26分、熊本県熊本地方を震央とする、マグニチュード6.5の地震(前震)が発生し、熊本県益城町で阪神・淡路大震災と同規模である震度7を観測した。その28時間後の4月16日1時25分には、同じく熊本県熊本地方を震央とする、マグニチュード7.3の地震(本震)が発生し、西原村と益城町で震度7を観測した。

熊本地震発災後、被災地外の地方公共団体や防災関係機関をはじめ企業、ボランティア団体等により、様々な種類の応援が行われた。神戸市も、被災地支援に全力で取り組んできた。4月14日の前震発生後、直ちに広域応援準備体制を整え、情報収集を開始し、4月16日の本震後、熊本市等への先遣隊、緊急消防援助隊、DMAT、応急給水活動等に職員を派遣した。また、指定都市市長会からの要請を受けて、熊本市に、避難所運営・り災証明発行・建物被害認定調査の支援を行った。また、国等からの要請で、熊本市や益城町等に対して、保健衛生・廃棄物収集運搬・水道復旧・下水道復旧・被災建築物応急危険度判定・応急仮設住宅建設・特別支援学級支援等の支援を行った。

本号では、近い将来に発生が予想される南海トラフ地震等の広域大規模災害へ備えるため、熊本地震発災後の初動期・応急期における神戸市の応援活動を中心に取り上げ、その実態を応援側である神戸市と受援側である熊本市から把握することによって、効果的な応援活動を考える機会とする。

関連商品

取り寄せ商品
自治体議会改革講義
定価2,160円(2,000円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
基地と財政 沖縄に基地を押しつける「醜い」財政政策
定価1,728円(1,600円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
自治総研ブックレット20 不寛容の時代を生きる
定価1,620円(1,500円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ