このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

生活保護法の解釈と実務

定価: 2,880円(2,667円+税)
著者名:栃木県弁護士会 出版社:ぎょうせい

買い物かごへ 取り寄せ商品

ISBN 978-4-324-08530-1
発行日 2008年08月31日
判型 A5
頁数 255

主な内容


本書は、『生活保護法』の適正な解釈と運用のための必備書!


 法の逐条ごとに、法の趣旨、解釈・適用について徹底解明した決定版。



主な目次



第1部 総論

 


第2部 生活保護法各論

 

 第1章 総 則

 第2章 保護の原則

 第3章 保護の種類及び範囲

 第4章 保護の機関及び実施

 第5章 保護の方法

 第6章 保護施設

 第7章 医療機関、介護機関及び助産機関

 第8章 被保護者の権利及び義務

 第9章 不服申立て

 第10章 費 用 

 第11章 雑 則




帯より転載


関連商品

取り寄せ商品
弁護士の仕事術 III 依頼者との契約と弁護士報酬
定価1,944円(1,800円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
2012年版
時の法令 9月30日号 NO.1914
定価792円(734円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

発送可
刑事訴訟法 (第7版)
定価4,104円(3,800円+税)

買い物かごへ

発送可

発送可
ここがポイント!消費者法
定価4,320円(4,000円+税)

買い物かごへ

発送可

このページの先頭へ