このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

定期借家を活用した新たな居住形態に関する調査

定価: 1,180円(1,093円+税)
著者名:日本住宅総合センター 出版社:日本住宅総合センター

買い物かごへ 取り寄せ商品

ISBN 978-4-89067-311-7
発行日 2015年03月30日
判型 A4
頁数 100

主な内容

定期借家制度は、「良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別処置法」(平成12年3月施行)に基づいて創設された制度であり、施行以来14年が経過している。定期借家によって、民間の市場で良質な賃貸住宅等が供給され、多様な賃貸住宅の選択肢が増えることが期待されたが、その普及率は3%程度(「平成24年度住宅市場動向調査報告書」)にとどまっている。
本書では、「定期借家制度普及の分析」で、定期借家の普及を阻害する課題を分析し、定期借家普及にむけて必要な取り組み等について提案している。
一般の賃貸住宅において定期借家の普及が進まない中、シェアハウスにおける賃貸借契約では、大多数の場合に定期借家契約とされている。シェアハウスは、あらたな居住形態として、近時注目されている。
そこで、本書「定期借家制度の活用事例の分析」では、シェアハウスに関する事例を分析し、何故定期借家が受け入れられているのかを分析することとした。また、とりあげたシェアハウス事業の特徴を分析するとともに、シェアハウス市場の現状と展望について述べている。

関連商品

発送可
季刊 不動産研究 第61巻 第3号
定価1,080円(1,000円+税)

買い物かごへ

発送可

在庫僅少
離島統計年報 CD-ROM版 2017
定価7,128円(6,600円+税)

買い物かごへ

在庫僅少

取り寄せ商品
2019 ダム年鑑
定価21,600円(20,000円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ