このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

世界の空港事典

定価: 9,720円(9,000円+税)
著者名:岩見宣治・唯野邦男・傍士清志 出版社:成山堂書店

買い物かごへ 発送可

ISBN 978-4-425-86311-2
発行日 2018年09月28日
判型 B5
頁数 816

主な内容

世界中に網の目のように張り巡らされた航空ネットワークの拠点である「空港」について、解説した本邦初のオールカラー事典です。

解説しているのは、空港計画、建設、維持運営に携わる現場のエキスパート。空港について語らせたらこれ以上いない執筆陣が、空港の成り立ち、特徴、諸問題から今後の拡張計画まであらゆる視点で説き起こしていきます。

本書は主に前後半の2部構成となっており、前半ではヨーロッパ、南北アメリカ、アジア、中東・アフリカ、オセアニアの5つ地域から209の主要空港をピックアップ。アメリカのダラス・フォートワース国際空港のような山手線の内側と同程度の面積をもつ巨大空港、近未来建築を思わせる中東に続々建設中の空港群、中国北京の北京首都空港や周辺に開港間近の国際空港などの大空港だけでなく、大西洋に浮かぶ孤島に2017年に開港したセントヘレナ国際空港、日本が開港に大いに貢献したラオスのワッタイ国際空港など比較的規模の小さい空港まで幅広く取り上げいます。本書注意深く読み進めていけば、空港というものを通してそれぞれの国の在り様を見ることができるでしょう。

後半は我が国日本の97空港について解説しています。島国日本とって航空インフラは交通や物流にとっても生命線であり、なんといっても海外からの玄関口として重要な役割を担っています。年間約8,000万人の人が利用する東京国際空港(羽田空港)。関西国際空港、中部国際空港、神戸空港、北九州空港のような海上空港、また北の利尻空港、礼文空港、南の波照間空港、与那国空港のような離島空港など、実に多様な
空港というものの姿を見ることができます。
また空港自体の解説だけでなく、40近くあるコラムや旅客数ランキング、3,000を数える充実した索引など、使い勝手も抜群。自信をもって航空関係者、航空ファンの方におススメできる内容となっています。

関連商品

取り寄せ商品
2018 ロングステイ調査統計
定価3,780円(3,500円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
中国年鑑 2018
定価19,440円(18,000円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
2016 国際連合 世界人口年鑑 VOL,67
定価25,920円(24,000円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

在庫僅少
平成29年版 在留外国人統計
定価3,240円(3,000円+税)

買い物かごへ

在庫僅少

このページの先頭へ