このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

時の法令 平成30年12月15日号・NO.2063

定価: 792円(734円+税)
著者名:朝陽会 出版社:朝陽会

買い物かごへ 発送可

ISBN
発行日 2018年12月15日
判型 A5
頁数 92

主な内容

■掲載法令一覧
地域における大学の振興及び若者の雇用機会の創出による若者の修学及び就業の促進に関する法律(平成30年法律第37号)
地方大学・地域産業の振興と大学の定員抑制——東京一極集中是正のための地域における若者の修学及び就業の促進(「地方大学・産業創生法」の制定)(文部科学省(併)内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局(併)内閣府地方創生推進事務局 佐藤孝弘)

■連載一覧
〈改めて憲法を考える〉
トランプ大統領による入隊禁止令と司法(福嶋敏明:神戸学院大学准教授=憲法)
〈刑事法のなかの憲法〉
法の適法性(村井敏邦:一橋大学名誉教授=刑事法)
〈構想日本の"日本まるごと自分ごと化"計画〉
住民参加で公共施設を見直す(伊藤 伸:一般社団法人構想日本 総括ディレクター(理事))
〈現場報告:外国人労働者と人権〉
技能実習生の権利主張を阻む様々なシステム(指宿昭一:弁護士)
〈情報公開クリアリングハウス〉
誰に対して、どのような情報を開示すべきか(三木由希子:特定非営利活動法人情報公開クリアリングハウス理事長)
〈知財物語〉
複製権侵害の判断基準——ふわふわ四季の便り事件など(荒木雅也:茨城大学人文学部准教授=経済法学・知的財産法学)
〈資源と法〉
フィヨルドのノルウェーは「幸福の国」(西川有司:欧州復興開発銀行マネージメントプログラム顧問)
〈アジアでの実践研究〉
教育は人づくり(第二近代実践研究会)
〈そのみちのコラム〉
司法実務家が大学で学ぶということ(稲葉光行:立命館大学教授=情報学・認知科学/えん罪救済センター代表)
〈巻頭言〉
成年年齢の引き下げ(堀籠幸男=元慶應義塾大学大学院法務研究科特別招聘教授)
〈新聞にみる憲法の動き〉
平成30年5月分
〈法令ニュース〉
平成30年10月1日~15日(9月下旬分を含む)

関連商品

取り寄せ商品
法に触れた少年の未来のために
定価4,752円(4,400円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
新制度がこれ1冊でわかる Q&A 改正相続法の実務
定価2,700円(2,500円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
実務のための資本的支出・減価償却・修繕費 判例・裁決例50選
定価3,240円(3,000円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
外国人の法律相談 改訂版
定価3,780円(3,500円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ