このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

多様化する家族と法Ⅰ -個人の尊重から考える-

定価: 1,080円(1,000円+税)
著者名:二宮周平 出版社:朝陽会

買い物かごへ 発送可

ISBN 978-4-903059-58-7
発行日 2019年06月01日
判型 A5
頁数 145

主な内容

夫婦別姓、LGBTカップルの子育て、離婚・再婚で生まれる融合家族。世界では新しい家族のカタチを支える法整備が進む。

別姓夫婦の子どもの声、戸籍制度の問題点、生殖補助医療で生まれた子の出自を知る権利、不貞の慰謝料、相続法改正から憲法24条まで

現代日本のリアルな家族像をデータや当事者の声を含めて検証しつつ多角的に考察

伝統的家族観を脱却し、個人を生かす家族法へ!

〈目次〉
1 夫婦の氏と個人の尊重――最高裁大法廷判決に寄せて
2 「子どもがかわいそう」と親の生き方
3 戸籍から個籍へ
4 性別違和当事者の性別変更と戸籍記載
5 同性パートナーシップと同性婚――その意義、必要性
6 同性カップルの子育て――親子とは何か
7 生殖補助医療と子の出自を知る権利
8 不貞の慰謝料
9 不貞配偶者からの離婚請求と離婚裁判のあり方
10 憲法24条の大切さ
11 相続法改正と法律婚の保護
12 家族法のこれから――多様性の承認、家族観の転換、そして新たな展望

関連商品

取り寄せ商品
法に触れた少年の未来のために
定価4,752円(4,400円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
実践 成年後見 No.82
定価2,052円(1,900円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

発送可
時の法令 令和元年8月30日号・NO.2080
定価792円(734円+税)

買い物かごへ

発送可

取り寄せ商品
著作権法 第4版
定価5,940円(5,500円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ