このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

使い捨て外国人~人権なき移民国家、日本~

定価: 1,100円(1,000円+税)
著者名:指宿昭一(弁護士) 出版社:朝陽会

買い物かごへ 在庫僅少

ISBN 9784903059594
発行日 2020年04月15日
判型 A5
頁数

主な内容

【内容紹介】
なぜこんなに冷酷なことができるのか⁈
〇外国人労働者に対して-
  ひどいパワハラ、おぞましい性暴力、時給300円。
  送り出し国での借金と、日本でのパスポートを取り上げで身動き取れなくする人質システム
〇日本に暮らす外国人に対して-
  入管の独断で突然の収容。家族と引き裂き強制送還。
  収容者のハンストで死者も出た。
  希望を奪う入管の“魂の殺人”の現実

外国人事件専門の弁護士、渾身の奮闘記。


〔著者紹介〕指宿昭一(いぶすき しょういち)
弁護士。日本労働弁護団常任幹事・東京支部事務局元事務局長。
外国人技能実習生問題弁護士連絡会共同代表、外国人労働者弁護団代表。
労働事件・外国人事件に専門化した弁護士業務を行う。外国人研修生の労働者性を初めて認めた三和サービス事件地裁・高裁判決、
精神疾患に罹患した労働者の解雇を無効とした日本ヒューレット・パッカード事件最高裁判決などで勝訴。

共著に『外国人研修生 時給300円の労働者2-使い捨てを許さない社会へ-』(外国人研修生権利ネットワーク編・明石書店)、
『外国人の人権 外国人の直面する困難の解決をめざして』(関東弁護士会連合会編・明石書店)、『外国人実習生 差別・抑圧・
搾取のシステム』(学習の友社)、『働く人のためのブラック企業被害対策Q&A』(ブラック企業被害対策弁護団編・弁護士会館
ブックセンター出版部LABO)、『会社で起きている事の7割は法律違反』(朝日新聞「働く人の法律相談」弁護士チーム著、共著、
朝日新聞出版、2014年)、、『外国人技能実習生法的支援マニュアル 今後の外国人労働者受入れ制度と人権侵害の回復』
(外国人技能実習生問題弁護士連絡会編、共著、明石書店、2018年)ほか

〈目次〉
講演録 外国人労働者受け入れ制度を検証する

第1章 外国人労働者と人権
1 技能実習生の権利主張を阻む様々なシステム
2 送り出し国段階での中間搾取
3 現場から① 過酷! 技能実習生の賃金・労働条件
4 現場から② 外国人労働者と労災
5 現場から③ ハラスメントが多すぎる
6 現場から④ いつ辞めさせられるかわからない
7 現場から⑤ 人身取引⁈~騙されて約束と違う仕事に就かされた
8 現場から⑥ 技能実習生が恐れる「強制帰国」
9 外国人労働者受け入れ制度はどうあるべきか
10 外国人労働者の権利救済のためにすべきこと

第2章 入管政策と人権
1 入管収容の現場で~外国人には人権がない⁈
2 就労禁止! 再収容を恐れる仮放免者の生活
3 在留特別許可の難しさ
4 生まれも育ちも日本。でも在留資格がない!
5 現場から① 適法に在留することも出国もできない~宙に浮いたスリランカ人
6 現場から② 不法就労を助長したとして永住者が退去強制
7 現場から③ 単身赴任が偽装結婚と見なされ、退去強制命令
8 現場から④ チャーター機による一斉強制送還
9 現場から⑤ 劣悪な被収容者の医療環境
10 被収容者・仮放免者はどう闘ってきたか

*2019年4月施行の改定入管法をわかりやすく紹介した講演録も登載

関連商品

発送可
令和元年度版 行政機構図
定価2,800円(2,546円+税)

買い物かごへ

発送可

品切・絶版
図解 まるわかり時事用語 2019→2020年版
定価1,100円(1,000円+税)
品切・絶版
取り寄せ商品
平成30年度版 行政機構図
定価2,750円(2,500円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ