このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

正規の世界・非正規の世界 現代日本労働経済学の基本問題

定価: 5,184円(4,800円+税)
著者名:神林 龍 出版社:慶應義塾大学出版会

買い物かごへ 取り寄せ商品

ISBN 978-4-7664-2482-9
発行日 2017年11月15日
判型 A5
頁数 445

主な内容

労使自治は“桎梏”か“根幹”か? 著者は現代の労働市場で最も顕著な問題を「正規の世界と非正規の世界の不釣合いな関係」と捉え、
富国強兵からシャッター商店街に至る1世紀余りを労働経済学・数量経済史・法と経済学など多彩なアプローチ・分析手法を用いて概観。
現在から未来へとつながるわが国の働き方のトレンドを展望する渾身の力作!

関連商品

取り寄せ商品
年金制度の展望
定価4,104円(3,800円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

発送可
保険と年金の動向 2017/2018
定価2,300円(2,130円+税)

買い物かごへ

発送可

取り寄せ商品
農福一体のソーシャルファーム 埼玉復興の取り組みから
定価1,944円(1,800円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ