このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

カテゴリメニュー
サイト内の現在位置

ここから本文です

金融商品取引法 公開買付制度と大量保有報告制度編

定価: 8,424円(7,800円+税)
著者名:鈴木克昌=久保田修平=熊谷真和=根本敏光=藤田知也=宮田 俊=五島隆文 出版社:商事法務

買い物かごへ 取り寄せ商品

ISBN 978-4-7857-2577-8
発行日 2017年12月15日
判型 A5
頁数 655

主な内容

『金融商品取引法――資本市場と開示編』に続くシリーズ第2弾。キャピタル・マーケッツ、コーポレート・ファイナンス業務に携わる実務家が知っておくべき法解釈のみならず、自社株公開買付け等の関連分野からも分析を加えた法律実務書。判例・学説を踏まえた確かな議論のほか、資本市場・M&A市場の健全な発展に資する建設的・合理的な議論を提示する。

関連商品

取り寄せ商品
ビジネス法体系 企業取引法
定価5,400円(5,000円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
practical 金融法務 債権法改正
定価4,320円(4,000円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
ファイナンス法大全(下) 〔全訂版〕
定価9,720円(9,000円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

取り寄せ商品
2017年地方自治法改正 実務への影響と対応のポイント
定価2,376円(2,200円+税)

買い物かごへ

取り寄せ商品

このページの先頭へ